ニュース

[서울=뉴시스]記者キム・ヘギョン=日本製品のボイコットで事実上国外に撤退した日本ビールがコンビニの棚に再登場した。 アナリストは、ボイコットが抑制された可能性があることを示唆しています。

23日の関税庁によると、昨年、日本からのビール輸入は増加傾向にあった。

「ノージャパン」運動が始まった2019年の日本ビールの輸入額は3,976万ドル(約474億ウォン)で、前年(78,300万ドル)から50%近く減少した。 翌年の2020年には、567万ドルまで減少し続けましたが、2021年には、前年比21%増の688万ドルに達しました。

輸入の量と価値はボイコット前のレベルに戻っていませんが、ボイコットの結果は緩和されたようです。

かつて、日本ビールは輸入ビールの絶対力と呼ばれていました。 しかし、韓国最高裁判所が処方箋の補償を決定したことに対する報復措置として、日本政府は2019年7月から、外国為替管理下の優遇制度である白い国から韓国を移すまで、3つの主要な半導体材料の輸出制限を実施しました。それらを排除するために、日本製品の強力なボイコットが韓国で発生しました。

その結果、食品や飲料から日本から輸入した衣料品や化粧品に至るまで、消費財のボイコットが広がっています。 コンビニエンスストアの主な販売元とされていた日本ビールが棚から姿を消し、ボイコットにより日本の衣料品ブランド「ユニクロ」も大きな打撃を受けました。

しかし、昨年はビールだけでなく、日本の総輸入量も昨年増加傾向にありました。 2021年の日本の輸入額は546億ドルで、ボイコット前の2018年(546億ウォン)の水準に戻った。

昨年からコンビニエンスストアや居酒屋で日本ビールを求めるお客様が増えています。

確かに、日本のビールは再び韓国のコンビニエンスストアに登場し始めています。 韓国の大手コンビニエンスストアA社によると、昨年12月の日本ビールの総売上高は前年比40.7%増。 アサヒビールは2020年12月の総売上高20位から昨年12月の10位に増加しました。

別のコンビニエンスストアB社によると、昨年12月の日本ビールの売上高は前年同月比26.8%増。

オンラインコミュニティ「病気だから社長だ」という自営業者の集まりで、昨年に比べて日本ビールを求めるお客様が増えているという記事が掲載されています。

昨年7月に発表された関連記事では、「能日本以降、朝日が出てきたが、最近はキリンビールが少し出てきた。飲み込むのが心配だ」「ディスカウントビールを持っているが、 (日本ビール)を売って隅に置いてはいけません。私はそれを残しましたが、それを飲むだけの人もいます。苦いです。」

昨年の日本ビールなどの輸入の増加について、FKIアジア太平洋協力チームのイ・ジェス氏は、「日本製品のボイコットはかなりなくなったようだ」と分析した。 しかし、日本のビールの輸入量と量が他の製品と比較してボイコット前のレベルに戻っていないという事実に関して、「日本と国内のクラフトビール市場以外に多くの輸入業者があり、成長している」と解釈されています。

確かに、日本ビールは日本なし運動により韓国から追放されたが、国内のクラフトビール市場とワインとウイスキーの輸入市場は成長し、アルコール飲料市場を変えた。 その結果、日本のビールの輸入が増加傾向にあるとしても、ボイコット前の回復は難しいと予想されます。

コンビニエンスストアの関係者は、「日本ビールは輸入ビール全体の売り上げの1%に過ぎず、まだ取るに足らないものだ。見た」と語った。

✧支援プレスからのニュースchkim@newsis.com

Matsuyama Masaki

「読者。未来の十代のアイドル。たくさん倒れる。アマチュアコミュニケーター。不屈の学生。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。