ネイバーは、5年以内に日本でのリサーチとショッピングで1位になると見込んでいます。

ネイバーは、日本のソフトバンクとの連携により、海外市場への浸透を加速させています。 Naverは、Sobangとの「韓国と日本のビッグテックアライアンス」に基づいて、検索、ショッピング、コンテンツ、メタバース、人工知能(AI)など、ほぼすべてのモバイルおよびデジタルアクティビティでグローバルなコラボレーション構造を構築しています。 特に、4〜5年以内に日本の検索・ショッピング部門でトップの座を獲得するという具体的な目標を設定していることが確認されました。

5日の情報技術(IT)業界によると、ネイバーはソバンを強力な味方として海外事業を積極的に展開している。 両社がZホールディングスの立ち上げを決定した際、戦略的パートナーとして積極的に支援することを決定したと報じられた。 業界関係者は、「ネイバーとソバンのビジネス協力はあらゆる方向に拡大しており、Zホールディングスの立ち上げ前には想像もできなかったコラボレーション構造に形作られている」と語った。

両社の協力プロジェクトとして最も期待されているのが「日本のスマートストア」です。 ネイバーは先月からベータ版をリリースしており、来春、韓国で成功を収めているショッピングプラットフォームであるスマートストアを立ち上げました。 Naverはオンライン購入の作成と管理に必要なプラットフォーム技術を提供し、Lineは現地での販売とマーケティング活動を行っています。

また、次世代食品である超巨星AIをはじめとするAI技術の研究開発も強化しています。 来年は、韓国語と日本語の大規模な言語モデルであるHyperClovaを商品化し、関連する製品やサービスを多数導入する予定です。 メタバースでは、都市の高精度マップは、Naver Labsのデジタルツイン、Sobainの人工衛星、地上測位基地などのマップ作成テクノロジーを使用して作成されます。

また、戦略的投資にも積極的に取り組んでいます。 SobangのVisionFundは最近、ZEPETOメタバースプラットフォームに約1,750億ウォンを投資しました。 ネイバーは以前、ウェブトゥーン(LINEマンガ)などのコンテンツの競争力を高めるために、ソバンの関連電子書籍である「イーブックイニシアティブジャパン」に約1,700億ウォンを投資することを決定した。

特に、40代の外国人幹部の登場により、ソベインとの連携が勢いを増すことが期待されます。 ネイバーは1日、韓聖淑(ハン・ソンスク)最高経営責任者(CEO)の直下に「暫定TF」を設置し、チェ・スヨンをTFチームリーダーに任命した。 これは、積極的な海外経営の準備が本格的に始まったことを意味します。 IT業界関係者は、「 『イカゲーム』などの韓国映画やドラマが世界中で成功したことで、海外コンテンツ市場における韓国企業の能力は高まったが、現実にはそれは世界では取るに足らないものだ。 ITおよびプラットフォーム分野「SovainはNaverの撮影サポートパートナーであり、米国およびヨーロッパ市場のパイオニアを支援します。」

ネイバーは、ソバンと協力して、野心的な目標も設定しました。 スマートストアによると、日本市場では2025年までに研究市場シェアの50%に達し、商業活動は2027年までに市場シェアの50%を占めると見込まれています。

日本の研究市場では、ネイバーは過去2回の試みで引退し、コロナ19により、商業活動は急速に成長している「新しい市場」です。市場シェアの半分を獲得することは、すべての企業でナンバーワンになることを意味します。 Naverは、Sobangの販売ネットワークを使用して、企業間(B2B)ビジネスを強化することを計画しています。 売上高1,000億円(約1兆ウォン)以上の日本の上場企業の95%がソバンの顧客である。 また、韓国、日本、台湾を結ぶアジア最大の広告プラットフォームを構築する予定です。

Zホールディングスの収益改善もプラスです。 Zホールディングスは、売上高が前年同期比で35%増加し、営業利益も18%増加したため、第3四半期のSovainの業績改善に貢献しました。 このおかげで、Zホールディングスの株価は先月一点で797円を超え、2006年1月以来15年ぶりの高値を付けた。ネイバーが保有するのは19兆ウォンを超えた。

[임영신 기자][ⓒ 매일경제 & mk.co.kr, 무단전재 및 재배포 금지]

Nakai Katsuo

「音楽の魔術師。邪悪なポップカルチャーの恋人。謝罪のないクリエーター。いたるところにいる動物の友達。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。