ハイブリッドカーパラダイスジャパンは「純粋な電気自動車」の売上高を3倍にする

昨年、日本では8,610台の純電気自動車が販売されました…前年の3倍↑
炭素排出量の削減を目標に、電気自動車の導入を加速
テスラの拡大の機会? 「市場では国産車を支持するのは難しいだろう」

[이데일리 고준혁 기자] 内燃機関とバッテリーを共有するハイブリッド車を主張してきた日本は、純粋な電気自動車(EV)を導入するために本格的に腕を上げています。 テスラなどの世界的な電気自動車企業が日本でのシェアを拡大​​するチャンスと見られていますが、国産車を愛する日本人の性格上、難しいとのことです。

トヨタbZ4Xからの最高の全電気自動車(EV)。 (写真= AFP

日本は2030年半ばまでにガソリン車の販売を禁止する予定です

6日(現地時間)のブルームバーグによると、昨年日本で販売された輸入純電気自動車8,610台は前年の3倍になりました。 ハイブリッド車が主流の日本の自動車市場では、純粋な電気自動車の販売は1%に過ぎませんが、販売台数の増加自体は大きな変化と見られています。 自動車販売が停滞している日本の状況を考えると、これは特に励みになります。

日産はすでに10年前にLeafと呼ばれるモデルを通じて安価な純粋な電気自動車(EV)を出荷しました。 しかし、純粋な電気自動車はほとんど場所を見つけられませんでした。 これは、トヨタのプリウスなど、経済的で性能の高いハイブリッド車の人気が高かったためです。 プリウスモデルは約25年前に発売されました。

ブルームバーグは、ハイブリッド車の本拠地を何年も超えていなかった日本の純粋な電気自動車が転換点に達したと推定しました。 日本はもはや時代の流れに逆らうことができないと考えていたからです。

日本政府は2050年までにカーボンニュートラルを達成することを約束しました。2030年までに2013年の水準を半減させるという目標を設定し、2030年半ばまでにガソリン車の販売を完全に禁止する予定です。電気自動車は前年度比2倍の80万円(約831万ウォン)となった。

国産車が好まれる日本のテスラにとっては容易なことではありません。

日本政府が電気自動車市場を拡大し始めているため、テスラなどの外国の電気自動車メーカーは、日本の市場シェアの拡大に注目しています。 テスラは昨年、日本で5,200台の電気自動車を販売しました。 これは2020年の1900年から大幅に上昇している。昨年2月、テスラはモデル3の価格を前年比24%引き下げて500万円(約5200万ウォン)にした。

東京の東海リサーチのアナリスト、杉浦誠二氏は、「テスラの株価がトヨタを上回ったという事実は、日本のテスラブランドの認知度を高める上で重要な役割を果たした」と語った。

しかし、海外の電気自動車が日本でのシェア拡大は難しいとの見方もあります。 これは、日本人が国産車を好み、トヨタのような日本の自動車メーカーが電気自動車に真剣に投資しているためです。 テスラの全体的なサポートは、日本の若くて裕福な日本人にしか人気がないため、低いと評価されています。

自動車コンサルタント会社のカノラマの宮尾武氏は、「日本の自動車メーカーは世界的には強いが、国内的には強いため、日本は外国の自動車メーカーにとって到達が非常に難しい市場である」と指摘した。

トヨタは電気自動車の開発に350億ドル(約42兆ウォン)を費やすと発表した。 日産とそのパートナーであるルノーと三菱自動車は、今後5年間で230億ユーロを費やし、今後10年間で35の新しい全電気モデルを発売する予定です。

日本の自動車メーカーは、電気自動車の充電ステーションの建設において、外国企業よりも優位に立つことが期待されています。 これは、国内企業は首都圏外でも全国にある代理店の助けを借りて充電ステーションのインフラストラクチャを簡単に構築できるが、外国企業はできないためです。 テスラには、首都東京に充電ステーションが集中しています。

Ⓒ完全な経済情報メディアE-Daily-商業的複製および再配布は禁止されています

Matsuyama Masaki

「読者。未来の十代のアイドル。たくさん倒れる。アマチュアコミュニケーター。不屈の学生。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。