フロア間の騒音評価の有効性に関する質問…「インセンティブは規制よりも現実的です」











8月からフロア間の騒音を確認後
セクターからの苦情「規制は再び拡大している」
「パフォーマンステストが満たされない場合、追加の追加措置はありません…ノイズを減らすためのインセンティブが与えられた場合に効果的です」

フロア間の騒音評価の有効性に関する質問..。"インセンティブは規制よりも現実的です"
フロア間の騒音評価の有効性に関する質問..。"インセンティブは規制よりも現実的です"

DL E&Cは、新しいアパートの敷地で重量衝撃騒音試験を実施しています。 DL E&C提供

国土交通省は、マンション完成後、8月4日からの使用試験承認前に、床間の騒音を評価する性能試験を計画しているが、マンションの有効性が懸念されている。 この措置は義務ではなく「推奨」であり、建設会社のフロア間の騒音低減技術はすでに一流であるため、規制ではなくインセンティブを提供するなど、考えを変える必要があることに注意してください。

世界で唯一のフロア間の騒音規制

3日の建設業界によると、国土交通部は先月、8月に始まったマンション建設後、床間の騒音を評価する性能試験を実施することを決定したが、業界は冷淡な反応を示している。 国土交通部は、2019年の監査検査学部の監査結果に対応するための事実上不可能な措置を講じたと言われている。当時、監査検査学部はそれが予防認定制度により、フロア間の騒音を防止するという政治的目標を達成することは事実上困難です。

国土交通部は、8月4日よりマンション完成後の床間騒音遮断性能を検証し、床騒音基準を強化するため、「階間騒音事後確認システム」を導入すると発表した。 現在、58dBの床衝撃音と50dBの重量衝撃音は49dBと同じになります。

建設業界では、「もう1つの規制」だけが増えているという苦情が増えています。 建設業界の関係者は、「床の間の騒音の影響は、建物よりもユーザーに大きい。韓国は、世界で唯一規制している国である。

実際、2019年5月2日に領土・インフラ・運輸省が発表した「監査検査委員会の監査結果による床間音響システムの統合」に関するデータによると、米国55 ㏈、英国62㏈、フランス58㏈など 11カ国に軽い衝撃音の基準がありますが、他のすべての国では韓国だけが「必須(58㏈)」および「推奨」です。 韓国でも50㏈の重衝撃音が義務付けられており、日本の65㏈以外の国では基準がありません。

主要国は、フロア間の騒音紛争の場合に建設会社を罰するのではなく、民事解決に近づいています。 ドイツでは、秩序違反に関する連邦法の第117条(1)により、公衆や隣人に嫌がらせをしたり、他人の健康を害したりする可能性のある騒音を発した人には、最高5,000ユーロ(673万ウォン)の罰金が科されます。 日本では、第1条、No。 軽罪法第14条は、「公務員の拘束に耳を貸さずに、声、楽器、ラジオなどで隣人を悩ませる者は、懲役または過失の罰金に処せられる」と述べている。

これに関連して、国土交通部は、「韓国はアパート住宅文化が発達しているため、他の国とは異なり、マンションのフロア間の騒音問題に対して建設会社がより多くの責任を負う必要がある」と述べた。

セクター「インセンティブはより効果的」

床後の騒音性能検査に関するこの規則についての罰則条項がなければ、世論は勧告として役に立たないという批判もあります。 国土交通部の関係者は、「大統領令で基準が定められ、改正で勧告されているため、懲罰的な規制がないのは事実だ」と述べた。

しかし、建設会社は、性能検査のための追加の手段が事実上ないという立場にあります。 中規模の建設会社の関係者は、「すでに建てられたすべての建物が取り壊され、新しい建物が建てられない限り、追加の統合によってフロア間の騒音を減らす方法は事実上ありません。」と述べました。

建設会社はすでに、フロア間の騒音を低減するための設計技術に力を注いでいます。

現代建設は昨年、業界で初めてフロア間で一流の遮音技術を確保し、先月、サムスン物産はまた、大きな衝撃音を防ぐ一流の技術を開発し、全国的に認められた試験機関から認証を取得しました。 DL ENCは、独自の技術で開発された「Desilent 2」床構造により、大きな衝撃音の点でも1級を確保し、大宇建設とPOSCO E&Cは、「IntelligentTripleFloorStructure」と「Rigidity強化床」も導入しました。ハイブリッド鋼材を使用したシステム」、それぞれ。

大手建設会社の関係者は、「新技術の開発費に加えて、マンションの床が厚くなることで高さが低くなるため、建設会社の収益性が低下することが予想される」と述べた。積極的に検討する」と述べた。

hoya0222@fnnews.comレポーターキム・ドンホ








Nakasone Moe

「認定ベーコンオタク。邪悪なソーシャルメディア狂信者。音楽家。コミュニケーター。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。