北朝鮮のメディアは、選出された大統領を「世界が親日派になれば」と批判する










北朝鮮のメディアは選出された大統領を批判する "世界が親日派になれば"

尹錫淑(ユン・ソクヨル)大統領に選出された。

[파이낸셜뉴스] 北朝鮮のプロパガンダメディアは、尹錫淵(ユン・ソクヨル)大統領選を「親日派勢力が活動している可能性がある」と批判した。

12日の「緊急清算が必要な親日軍」という記事の「統一のこだま」は、「韓国が親日軍が活動する世界になれば、日本の反政府勢力は謝罪しないか、日本人を補償するだろう」と述べた。過去の軍の性的奴隷犯罪であるが、歴史と独島を歪めている。我々はさらに、強奪の野心などの軍事主義を復活させるための作戦を暴露するだろう。」

メディアは大衆の権力を批判し、「毎回、日韓関係の悪化に対する責任は、現在の政治的および外交的に無能な当局にある。

彼はまた、「日本の自衛隊は、緊急時に韓国に入ることができると言って、ジャブをしている」と述べた。

メディアは、尹美香(ユン・ミヒャン)元議員とキム・ウォンウン元解放協会(キム・ウォンウン)元国会議員が韓国の親日派勢力からの不当な苦難に直面したと主張し、「世論に変化している。現状は緊急の必要性をさらに強調している。韓国の親日派勢力を清算する。」

「韓国のメディアは、この選挙が史上最悪の選挙であると不満を述べた」と題した記事で、メディアはまた、「これらの選挙は常に「史上最悪の選挙」修正を伴っていた。不利な指数は急上昇した。-時間の高さ、政治的競争がなくなっている間。」

メディアは、民主党の宋永吉(ソン・ヨンギル)党首が新村での選挙運動中に殺害された事件について言及し、「極端な政治情勢のため、攻撃と脅迫が刑事訴訟を引き起こした」と述べた。

彼はまた、多くの否定的な議論があったという事実、プレブイの管理ミスによる不正選挙の疑い、そして政治的報復の可能性についても議論されたという事実を批判した。

北朝鮮労働党の公式新聞である労働新聞は、11日、「3月9日に韓国で行われた大統領選挙で、保守的な野党「人民の力」ユン・ソクヨルが大統領に選出された。狭いマージン»。

レポーターミンクォンチャン(mkchang@fnnews.com)








Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。