大邱世界ガス会議が閉会…カーボンニュートラルとエネルギー安全保障に関する議論

世界80カ国、8,800人が参加しました…貿易も活発です
カン・ジュミョン大統領「気候変動、重要な挑戦…みんなで協力しなければならない」

大邱で開催されたオリンピックである2022年の世界ガス会議(WGC)は終了しました。

大邱市とWGC組織委員会は27日午後3時に大邱北区EXCOで2022年世界ガス会議の閉会式を行った。

「気候変動はガス業界で最も重要な課題です」と国際ガス連盟(IGU)のジュミョン大統領は閉会の辞で述べました。

すべての企業と利害関係者は協力する必要があります」と彼は強調しました。

彼は続けた:「私達はこの世界ガス会議を非常に成功裏に開催しました。

貢献してくれたすべての人に感謝します」と彼は言いました。

同日、国際ガス連盟の次期会長であるヤラン・リー氏の引渡し式が行われました。

次の場所である中国の北京のプロモーションビデオもリリースされました。

大邱世界ガス会議が閉会...カーボンニュートラルとエネルギー安全保障に関する議論

エクソンモービル、シェブロン、エマーソン、シェル、BP、ユニパー、世界のエネルギー企業であるオマーンLNGを含む460社が総会に出席し、23日の夜に歓迎会が開かれました。

韓国ガス公社、韓国石油公社、大成エネルギー、SK E&S、現代自動車、ドゥーサン燃料電池が韓国に参加した。

総会には8,800人(約4,500人の外国人)が出席し、700件の関連文書が確認されました。

初日の初日に潘基文元国連事務総長による基調講演と総会での62回の基調講演を含む会議が開かれた。

この会議のテーマである「持続可能なガスベースの未来」に沿って、ウクライナとロシアの戦争によって引き起こされた生態学的なカーボンニュートラルとエネルギー安全保障の問題が議題になりました。

これらの重要なプレゼンテーションに基づいて、大邱市のWGCのサポートグループは、カーボンニュートラルの達成とガス産業の発展に関する10のメッセージを発表しました。 CCUS(炭素回収、貯留および輸送技術)の。

エネルギーミックス(さまざまなエネルギー源の使用)と天然ガスの役割についても議論されました。

大邱世界ガス会議が閉会...カーボンニュートラルとエネルギー安全保障に関する議論

各社のPRブースが設置された展示ホールでは、活発な商談が行われました。

エクソンモービルはポスコと新鋼材事業の技術承認式を行い、韓国ガス公社は大容量液体水素貯蔵技術を保有するCB&Iと提携して技術開発を行った。

各ブースでは無料のコーヒーとワインを提供し、伝統楽器の演奏など様々なイベントを開催し、楽しみを増やしました。

外国人参加者は大邱シティツアー、モミョンジェ韓服体験、大邱ナイトツアーにも参加しました。

世界ガス会議は、ガス部門で最も権威のある民間の国際会議であり、3年ごとに開催されます。

大邱は日本とマレーシアに次ぐアジアで3番目の開催都市になりました。

大邱世界ガス会議が閉会...カーボンニュートラルとエネルギー安全保障に関する議論

/ユンハプニュース

Toyama Jiro

「テレビオタク。情熱的な料理のスペシャリスト。旅行の専門家。ウェブの第一人者。筋金入りのゾンビ好き。謝罪のない音楽狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。