日本:国際:ニュース:ハンギョレ

内閣官房長官:「日韓関係は改善されなければならず、私たちは明確にコミュニケーションしなければならない」
強制労働の犠牲者などの問題に関する現在の立場を維持する
「岸田首相との会談を調整しています」。

尹錫淑(ユン・ソクヨル)大統領選。 共同写真撮影

尹錫淑(ユン・ソクヨル)大統領が24日に「政治協議団」を日本に派遣する決定について、日本政府は「次期大統領のリーダーシップを楽しみにしている。新政府と明確に連絡するつもりだ」と述べた。肯定的な反応で言った。 松野博一内閣官房長官は18日の定例記者会見で、「北朝鮮への対応も含め、地域の安定のためには日韓協力が絶対に必要である。これからも厳しく連絡を取り合う。 (ユン・ソクヨル)氏は続けて、「国際社会の変化に直面して、ルールに基づく国際秩序を実現し、地域の平和、安定、繁栄を確保するためには、健全な日韓関係が不可欠である。グローバル。 日韓の友好協力関係を基盤に日韓関係を発展させる必要がある。 尹錫淳(ユン・ソクヨル)大統領のリーダーシップを引き継ぐことを楽しみにしている」と述べた。松野首相は、「韓国と日本の元労働者(強制労働)と「慰めの女性」の問題により、日韓関係は非常に困難な状況にある」と述べた。日韓関係を健全な状態に戻すために、日本の一貫した立場に基づいて緊密に(関係を)取り組むことを計画している。」日本の「一貫した立場」とは、1965年の韓国と日本の問題がすでに解決されていることを意味する。苦情協定と2015年の2015年慰安婦協定、韓国側は解決策を見つけることが期待されています未解決の問題。 日本のメディアは、韓国の代表団が両国間の紛争を解決するための具体的な計画を考え出すかどうかについての彼らの予想を隠しませんでした。 「今回の日韓協議は単なる会議ではなく、尹錫淑(ユン・ソクヨル)大統領が提案した「さまざまな問題のグローバルな解決」のための戦略を共有し、解決策を見つけるための非常に重要な場所になるだろう」。 チョン・ジンソク人民権力代表が率いる、専門家を含む7人の専門家で構成される「政治協議代表団」が24日から始まり、外務省、国会、企業、メディアの関係者と会う。 「韓国の代表団は岸田文雄首相にも会うことを望んでいる。 日本側との調整を行っています。「東京/キム・ソヨン特派員dandy@hani.co.kr

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。