有名な打者の誕生は日本のおかげですか? 優勝コーチML1000「NPB方式は良かった」




有名な打者の誕生は日本のおかげですか?  ML1000がコーチに勝つ "NPB法は良かった。" 画像1


©提供:スターニュース有名な打者の誕生は日本のおかげですか? 優勝コーチML1000「NPB方式は良かった」画像1

元フィラデルフィア監督のチャーリー・マニエル(78)は、日本プロ野球(NPB)在籍中に学んだトレーニング方法が、リーダーとしての人生に大きな助けとなったことを明らかにした。

このマニュアルは最近、ブレット・ブーンのポッドキャスト番組に掲載され、「日本式のトレーニング方法が好きでした。NPBの経験が教授法に大きな影響を与えました」と述べています。 4日(韓国時間)、日本のフルカウントメディアはこのニュースを大々的に報道し、「NPBから目覚めた赤い幽霊は引退後にリーダーとして成功した」と述べた。

マヌエルは彼のアクティブなキャリアの中でNPBで最も成功したプレーヤーでした。 メジャーリーグで6シーズン打率0.198のウイングを務めた後、1976年にNPBに移籍し、ヤクルトと近鉄で最高の外国人打者を演じた。 彼はNPBで0.303のキャリア打率、189本塁打、491 RBI、0.988のOPSを持ち、パシフィックリーグMVPを授与されました。 日本では彼はレッドゴーストと呼ばれていました。

メジャーリーグは選手としては失敗でしたが、監督として戻って大当たりしました。 以前のチームでミネソタ州でコーチとしてのキャリアをスタートさせたマヌエルは、1994年に引っ越したクリーブランドで最高のコーチとして名を馳せました。日本で学んだトレーニング方法のおかげで、彼は弟子を育てることができました。後に殿堂入り。

マニュアルには、「日本で学んだことの一つは、練習方法でした。基本的な打撃訓練に加えて、1時間以上自主的に打撃練習をしたので、良い選手になりました。コーチとしても。 、私は打撃トレーニングのルーチンを続けました。「彼はそれがそうであったようにそれが好きでした」と彼はクリーブランドでの彼の日々から思い出しました。

1990年代半ば、クリーブランドは5年連続でワールドシリーズで2位を獲得し、5年連続で地区タイトルを獲得した強力なチームでした。マニーラミレス(50)、ジムトミー(52)、リードのアルバートベル(56)。 1995年の本塁打王ベル、555本塁打のラミレス、612本塁打の殿堂入りメンバーのトミーなど、彼らを育てた主要人物はマニュアルマネージャーでした。




有名な打者の誕生は日本のおかげですか?  ML1000がコーチに勝つ "NPB法は良かった。" 画像2


©提供:スターニュース有名な打者の誕生は日本のおかげですか? 優勝コーチML1000「NPB方式は良かった」画像2

最も成功した弟子であるトミーは、2018年に殿堂入りしたとき、次のように述べています。私(トミー)あなた(マニュアル))、それなしでは存在しなかったでしょう。」

これらの結果に基づいて、2000年にクリーブランドのマネージャーになったマヌエルは2005年にフィラデルフィアに指名され、さらに大きな成功を収めました。 彼の任命後、チェイス・アトリー(44)は30本塁打で二塁手になり、ライアン・ハワード(43)は2006年に本塁打とMVPの王に指名されました。 2008年のワールドシリーズチャンピオンシップ。

2013年に解任されるまで、彼は1,000勝(クリーブランドで220勝、フィラデルフィアで780勝)と826敗の記録を持っていました。 メジャー選手権で1,000人以上を獲得したのは、彼自身を含めて64人のマネージャーだけです。

フルカウントは次のように述べています。「マニュアルは、彼が6年間フォローしてきた日本の野球に深く感銘を受けました。帰国後、彼は日本のトレーニング方法に基づいたリーダーシップスキルを示しました。

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。