[집중취재M] ロケットの半額「固体ロケット」…北朝鮮に対する武器ではない武器

◀もう一度▶

北朝鮮のICBMの打ち上げ直後、韓国は自社開発の固体燃料ロケットを打ち上げて注目を集めました。

「本当に軍用ミサイルじゃないの?」などの質問が続きました。 6月発売の「ぬり」とは何が違うの?

驚いたことに、日本、中国、ヨーロッパもこの固体燃料ロケットを開発しており、北朝鮮のミサイルの脅威に対抗するための兵器ではなく、兵器としての価値があると言われています。

特派員のHongEui-pyoがこれを報告しました。

◀レポート▶

発射台から炎を発射し、空に舞い上がるロケット。

これは、当社の技術でテストに成功した「固形燃料の弾丸」です。

「ナロ」や「ヌリホ」のようなユニークな名前はまだありませんが、目標は、2025年までに地上500キロの低軌道に小さな500キログラムの衛星を搭載することです。

液体燃料を使用する韓国のロケット「ヌリホ」が打ち上げられようとしているので、別の固体燃料ロケットが開発された理由は何ですか?

欧州宇宙機関の液体ロケット「Aryan-5」と固体ロケット「Vega」。

「Aryan-5」の場合、打ち上げ費用は韓国通貨で約1800〜2000億ウォン、「Vega」の場合は400億ウォンで、半分以下だ。

固体ロケットは推進力が比較的弱いですが、構造がはるかに単純なため、比較的安価です。

このため、固体ロケットは、比較的大きな衛星を打ち上げる液体ロケットよりも、小型衛星を短期間で目的の軌道に運ぶのに適しています。

低コストの衛星打ち上げの市場は開かれています。

ヨーロッパのベガに加えて、中国はチャンジョン-11や日本のイプシロンなどの固体ロケットを開発しています。

鹿児島県立宇宙センターが打ち上げたロケット「イプシロン」は、2013年の打ち上げ成功以来5回打ち上げられ、衛星を軌道に乗せています。

「小型衛星ユニット2「レイズ2」は別です。」

2015年以来12回Changjeong-11を打ち上げた中国は、3月に3つの衛星を打ち上げました。

固体ロケットはまた、北朝鮮を抑えるための「目」を提供することができます。

2018年以来、韓国軍は朝鮮半島とその周辺を監視するための偵察衛星を打ち上げるプロジェクトを進めてきました。

[김열수/군사문제연구원 안보전략실장]
「(衛星画像)をほぼ常に1時間単位で見ることができると言えば、リアルタイムでキャプチャして準備できるため、これは非常に重要です。」

特に、潜水艦から発射されたときに検出するのが難しい北朝鮮のSLBMはすべて、固体燃料ミサイルです。

北朝鮮の固体燃料ミサイルを制御するのと同等の固体ロケットで打ち上げた衛星です。

しかし、「半額ロケット」という言葉にふさわしい経済的実行可能性を実現するには、3Dプリンターでエンジン部品を製造する米国のレベルに技術を導入する必要があります。

[김덕진/미래사회IT연구소장]
「政府も10年後に宇宙ビジネスの時代を開くでしょう。彼らがこれを達成するためのロードマップを準備していることを私は知っています。

ウクライナ戦争で安価なロシアのロケットを借りることが困難だった状況も、いつでも発射できる固体ロケットの重要性が高まっている理由です。

MBCニュースのEui-pyoHongです。

ビデオ編集:Min-Woo Jo /グラフィック:So-Young Yoo、Yang-Hee Kim

MBCニュースは24時間あなたの報告を待っています。

▷Tel02-784-4000
▷メールmbcjebo@mbc.co.kr
▷カカオトークレポート@mbc

Toyama Jiro

「テレビオタク。情熱的な料理のスペシャリスト。旅行の専門家。ウェブの第一人者。筋金入りのゾンビ好き。謝罪のない音楽狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。