160の韓国の記念碑…日本はカバーし、削除します

◀もう一度▶

日本の植民地時代に強制的に動員された韓国の犠牲者を記念して、日本中に160以上の記念碑があります。

それらの多くは、強制動員を反映して地元住民が建てた記念碑ですが、右翼を狙っているため、強制動員に関する内容が失われ、一部が解体されています。

東京の特派員コ・ヒョンスンが話をカバーした。

◀レポート▶

長野県松城町、東京から160 km内陸。1944年、敗北直前に、日本は本土での決戦の最終基地としてそれを確立し、軍の最高を動かすために10km以上の防空壕を掘りました。皇帝の本部と住居。

約6,000人の韓国人が強制的に動員され、300人が懸命に働いて命を落としたが、韓国人がトンネルの壁に書いた文章はまだ残っている。

[기타 히데유키 / 추도비를 지키는 모임 사무국장]
「朝鮮と韓国の労働者は、故郷を逃したときに 『大邱』を書いたと思います。」

1990年代初頭、住民は歴史的資料を調査し、寄付を集めて入り口に記念碑を建てました。

長野市議会も隣に強制動員の事実を紹介する掲示板を設置し、18年後の2013年のある日、看板に白いリボンが貼られました。

[기타 히데유키 / 추도비를 지키는 모임 사무국장]
「長野市は『必須』の部分をテープで覆った。」

その理由は、「強制追放はなかった」という右翼の抗議であり、翌年、標識が取り替えられた。

8年前に長野市に置き換わった説明標識は現在も残っており、強制動員が行われていることを訪問者が理解することは困難です。

群馬県の朝鮮人記念碑が取り壊される危機に瀕している。

2004年には群馬県の許可を得て市民団体を中心に県立総合運動公園内に建設され、10年間権利の対象となっています。

[우익단체 회원(2012년)]
「戦争中に韓国人が強制労働を強いられたという事実は、露骨な嘘に基づいていた。」

群馬県は、記念式典で「強制逮捕」という言葉が使われたと非難した後、10年前に解体することを決定した。

[후지이 야스히토 / 군마현 추도비를 지키는 모임]
「(取り壊しの理由は、ホストが手を振っている間に強制送還という言葉を使用したため、記念集会が政治集会に変わったためです。)」

NGOは訴訟を起こしたが、昨年の2回目の裁判で敗訴した。

栃木県日光市にある足尾銅山は、全長1,200 kmで、400年の歴史を持つ日本最大の銅山です。

入り口には佐渡金山と同じように「ユネスコによる新世界遺産登録」が推進されているとのこと。

2,400人の韓国人が現場に引きずり込まれ、70人が亡くなった場所ですが、どこにも説明がありません。

ここから山道を4km進むと、森の中に韓国人犠牲者の記念碑があります。

キムやリーなどの犠牲者の名前は、約20年前に市民団体によって設置された盾に残っています。

韓国人の在日は5年前にバイモックに取って代わり、その遺産を守り続けています。

日本の植民地時代に韓国人​​が強制的に動員された場所は全国に最大2,000あり、これに基づいて160以上の日本製の韓国の記念碑が確認されています。

右にシフトした日本が隠れて抹殺しようとしても、歴史の真実は変わらない。

栃木県のMBCニュースのヒョンスンコです。

ビデオ取材:イ・チャンシク、キム・ジンホ(東京)

MBCニュースは24時間あなたの報告を楽しみにしています。

▷Tel02-784-4000
▷メールmbcjebo@mbc.co.kr
▷カカオトークレポート@mbc

Saeki Nori

「謝罪のないソーシャルメディアの第一人者。一般の読者。不治のポップカルチャーのスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。