5年間でエネルギー効率が25%向上…節電のインセンティブ











彼は新政府の最初のエネルギー委員会を開催しました
エネルギー需要の効率を改善するための包括的な措置
産業、建設、輸送効率の革新の促進
エネルギーを消費する企業間の合意を誘導する
エネルギー輸入で14.6兆ウォンを節約

5年間でエネルギー効率が25%向上...節電のインセンティブ

李昌陽商工エネルギー相(左から1人目)が23日、ソウル中区のプラザホテルで開催された第25回エネルギー委員会で講演。

5年間でエネルギー効率が25%向上...節電のインセンティブ

政府は、世界第10位のエネルギー消費国である韓国のエネルギー効率を改善するために、2027年までに国のエネルギー効率を25%改善することを決定しました。 エネルギー政策を日本やドイツなどの先進国の方法である供給志向から需要効率にシフトすることにより、二酸化炭素7800万トン、送電設備のコストと配電で1.3兆ウォン、エネルギー輸入で14.6兆ウォンを削減します。 。 さらに、デジタル需要管理技術を革新し、新しい産業基盤を構築するために、データ主導の革新の研究開発(R&D)は、産業、建設、輸送の3つの主要セクターで真剣に推進されます。

インセンティブなどの個人参加を強化する

商工エネルギー省は23日、ソウル中区のプラザホテルで新政権の第1回(第25回)エネルギー委員会を開催し、エネルギー需要の効率を改善するための世界的な対策を発表した。 政府はエネルギー政策を供給志向から需要効率にシフトしている。これは日本やドイツのような先進国の方法である。 これにより、7800万トンの二酸化炭素が削減され、送配電プラントのコストが1.3兆ウォン節約され、エネルギー輸入が14.6兆ウォン節約されます。

韓国は世界で10番目のエネルギー消費国です。 全体として、この国はOECD平均の1.7倍以上のエネルギーを使用しており、そのエネルギー源単位(効率)はOECD36か国中33位にランクされています。

この問題を解決するために、政府は、産業、住宅/建設、運輸の3つの主要セクターで需要効率を改善するための革新を推進しています。 産業分野では、エネルギー集約型の工業用地における効率革新が、インセンティブなどを通じて本格的に開始されます。 エネルギー効率の革新に関する自主協定であるKEEP30(Korea Energy Efficiency Partnership 30)は、年間20万トウ(石油換算トン)以上を消費する30社(産業エネルギー消費量の約63%)を対象に推進されています。

住宅および建設セクターでは、パイロットプロジェクトであるEnergy Cash Bagが、全国の3つの市、郡、区から226か所に拡張されます。 Energy Cash Backは、近隣の複合施設と家庭の間で節電率を競った後の優秀な候補者の貯蓄額に比例したキャッシュバックをサポートします。 地方自治体と連携し、エネルギー監査機関の移管とエネルギー自給率の向上を推進し、全国約32万棟(総面積3,000mの商業・公共棟)の効率目標管理を強化していきます。以上)、これは管理の死角です。 地方税の減税と免税も、関係省庁と協議した上で検討されます。

将来のグリーンカーの動向に合わせて、運輸部門は現在の単純なラベリングシステムを超えた分類システム(グレード1から5)に再編成され、電気自動車の燃費が向上します。 また、輸送エネルギーの21%を使用する中型および大型のバンやトラック(3.5トン以上)向けの省燃費システムの導入を推進しています。 2024年には、走行効率に優れたグリーンカーを積極的に普及させ、全国の道路に次世代インテリジェント輸送ネットワーク(C-ITS)を構築します。また、ネットワーク革新による効率向上も推進しています。スマートポートの構築などの輸送。

効率化のためのデータ主導のイノベーション研究開発の促進

デジタル需要管理技術を革新し、新たな産業基盤を構築するために、データ駆動型の3つのセクター、建物、輸送における効率革新のための研究開発が本格的に実施されます。 業界は、材料と設備の非常に高い効率と並行して、企業サイトでのエネルギー消費のデータベースの効率を革新します。 建物は、照明などのデバイスの効率の向上から、非常に効率的なデータ駆動型の建物の構築に移行します。 輸送は、将来のグリーン車両の研究開発とインフラストラクチャ効率の革新に重点を置いています。

デジタルツインなどの新技術を用いた需要管理を実証し、4,300のハイパワー企業サイト向けのエネルギー消費データ統合プラットフォームである「KoreanGreenButton」を構築します。 Green Buttonは、米国のエネルギー供給業者が保持するエネルギー消費データを統合および管理するプラットフォームであり、消費者またはサードパーティのサービスプロバイダーが簡単にアクセスできるようにします。

イ・チャンヤン産業相は、「昨年末以降、世界のエネルギー市場の不安定化とサプライチェーンの問題により、スタグフレーションへの懸念が世界中で高まっている。需要、エネルギー指向の供給から需要効率への移行2つの主軸です」。

ジャーナリストのLimGwang-bok(lkbms@fnnews.com)








Nakai Katsuo

「音楽の魔術師。邪悪なポップカルチャーの恋人。謝罪のないクリエーター。いたるところにいる動物の友達。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。