Nekaoはウェブトゥーンを超えてグローバルIPバリューチェーンを拡大します [IT돋보기]

[아이뉴스24 윤선훈 기자] ネイバーとカカオは、北米、日本、ヨーロッパなどの地域を問わず、あらゆる場所でウェブトゥーンやウェブ小説を中心にコンテンツビジネスの拡大を競っています。

人気のあるウェブトゥーンやウェブ小説をグローバルにシリアル化するだけでなく、ストーリーベースの知的財産(IP)バリューチェーンを拡大し、有望なIPを事前に発見して、コンテンツビジネスこれは凶暴なはずです。

◆アメリカのタパスと大根の組み合わせであるココア…ネイバーは北米の占い師でもあります

業界筋によると、カカオエンターテインメントは19日、北米のウェブトゥーンプラットフォーム「タパス」の運営者であるタパスメディアと、ウェブノベルプラットフォーム「ラディッシュ」の運営者であるラディッシメディアとの合併を発表した。 両社はカカオエンターに買収され、合併により、カカオエンターテインメントは、両社が北米で蓄積したストーリーのIP機能を組み合わせ、グローバル成長の原動力を最大化することで相乗効果を生み出すと発表しました。 ブレンド方法では、ラディッツがタパスを吸収する必要があり、ブレンド日は8月1日です。 合併による新会社の名称は後日決定します。

カカオエンターテインメントは、タパスと大根を戦略的に組み合わせることにしました。 画像は全社のCIです。 [사진=카카오엔터]

両社の合併により、カカオエンターはカカオエンターのグローバルIP機能を統合する勢いを増すことが期待されています。 このため、Radissi、Tapas、Wuxia World(Radissiが買収したWebノベルプラットフォーム)などの各プラットフォームの独立した運用を維持しながら、Kakao Enterのグローバルプラットフォームに基づくさまざまなIPを使用して、WebトゥーンやWebノベルを超えています。映画、ドラマ、オーディオコンテンツやメタバースなど、さまざまな分野での拡大戦略を加速させる戦略です。 特に、カカオエンターテインメントは、RadissiとTapasの合併により、ウェブトゥーンとウェブノベルの境界を打ち破ることで、クリエイターがカラフルなIPを作成するためのプラットフォームが作成されたと考えています。

すでに「スーパーウェブトゥーンプロジェクト」などでウェブトゥーンの視聴を試みてきたカカオエンターテインメントは、北米でもそのような試みを刺激する計画だ。 カカオエンターテインメントの関係者は、「合併会社が積極的に導入するIPは、世界一のコンテンツ影響力を誇る北米の関連産業と出会い、動画、ゲーム、アニメなどにつながり、無限のIPを生み出す」と語った。相乗効果。」

ネイバーは昨年1月、シナジーを目指して最大のウェブノベルプラットフォーム「ワットパッド」を買収した。 画像は全社のCIです。 [사진=네이버]

この動きにより、カカオエンターテインメントは北米市場でネイバーとのコンテンツ競争を激化させることが期待されています。 ネイバー、ウェブトゥーンプラットフォームn。 北米の1社は、昨年1月に、世界最大のWebノベルプラットフォームであるカナダの「Watpad」を買収しました。 Whatpadの買収により、NaverはソースIPを確保しただけでなく、それに基づくイメージングを促進するための強力な味方も獲得しました。 昨年6月に設立された「WatpadWebtoonStudio」は、本格的に事業を拡大するために設立された会社です。

ネイバーはまた、4月に米国でウェブトゥーン事業を担当するウェブトゥーンエンターテインメントに約4000億ウォンを投資した。 2020年5月、Webtoon Entertainmentはガバナンス構造を再編成し、アメリカの企業であるWebtoonEntertainmentがWebtoonビジネス全体を担当するようになりました。 2021年の終わりに、Naver Webtoonは、米国の月間アクティブユーザー(MAU)1,400万人に大きな影響を及ぼしています。 そのため、ネイバーはカカオと激しく競争して、彼のナンバーを確保する必要があります。

アメリカだけでなく、日本やヨーロッパでも競争が激化

ウェブトゥーン市場が成熟した欧米では、コンテンツ事業への関心をめぐる両社の競争が激化しています。

ネイバーウェブトゥーンは、今年上半期にフランスに「ウェブトゥーンEU(仮称)」を設立する。 ヨーロッパにグローバルな商業基盤を構築することで、彼らはNaverWebtoonの地位をさらに強化することを決意しています。 ヨーロッパの会社が設立されると、ネイバーはローカルシリアルの数をさらに増やし、クリエイターの発見を強化して、ヨーロッパのウェブトゥーンエコシステムの作成をさらに刺激することを計画しています。 具体的には、今年はフランスのプラットフォームで約200作品、ドイツのプラットフォームで約100作品が追加され、コンテンツのラインナップが強化されます。 韓国、アメリカ、日本などのグローバルサービスで検証された作品を追加します。

これは、最近フランス市場に参入したカカオによる意識的な動きと解釈されることもあります。 カカオの子会社であるカカオピッコマは、3月にフランスで「ピッコマ」という名前のウェブトゥーンサービスを開始しました。 カカオによると、ピッコマのユーザーインデックスは、韓国とフランスの日本で検証されたIP履歴に基づいて上昇しており、当初の意図したパフォーマンス目標に向かって進んでいます。 ピッコマが特に日本で大きな成功を収めたという意味で、カカオは日本とフランスでも成功を続けることを楽しみにしています。

ウェブトゥーンサービスのほとんどがすでに確立されている日本では、両社はコンテンツ市場全般をターゲットにしたパートナーシップと事業拡大を積極的に追求しています。

Naver Webtoonは最近、日本の地上波放送局TBSおよび日本のWebトゥーン制作会社ShinePartnersとのWebトゥーンスタジオ合弁会社「StudioToon」を設立しました。 同社は韓国に設立されたが、知的財産を発見し、TBSを中心に日本コンテンツ市場に紹介することで、日本市場をターゲットにする意向が強い。

また、ネイバーウェブトゥーンの日本子会社である「ラインデジタルフロンティア」は、上半期にCJENM、スタジオドラゴンとの合弁会社「スタジオドラゴンジャパン」を設立する予定です。 地元のスタジオを立ち上げ、地元の市場向けの動画を制作する方法です。 両方の合弁事業は、ウェブトゥーンとビデオにつながるIPバリューチェーンを強化するという点で重要であると考えられています。

ネイバーは最近、日本の電子書籍会社であるイーブックイニシアティブジャパンの買収を完了しました。 ラインデジタルフロンティアは、イーブックイニシアティブジャパンの100%株式を取得します。 eBook Japanは日本最大の電子書籍プラットフォームであり、その95%をマンガコンテンツが占めています。 ここで取得したIPに基づいて、ウェブトゥーンは積極的にビデオに変換されると解釈されます。

カカオピッコマの場合、4月に暗号通貨取引所「さくら取引所ビットコイン」の株式の半分以上を取得して注目を集めました。 取引所の筆頭株主となったカカオピッコマは、この投資をきっかけに暗号資産とブロックチェーン技術を活用した経済システムを構築し、Web3.0エリアを積極的に拡大していく計画です。 将来的には、ブロックチェーンなどのサービスがピッコマに適用され、新しいビジネス分野への道を開く可能性もあります。

カカオピッコマはまた、今年の前半に日本で「Pickoverse」デジタルパブリッシングプラットフォームを立ち上げる予定です。 Piccoverseは、日本の出版社が独自のチャンネルを管理し、プレビューサービスを通じて収益を上げる施設です。 Piccoverseを有効にすると、日本のマンガの取引額はさらに増えると予想されます。

/レポーターユンソンフン(krel@inews24.com)











Toyama Jiro

「テレビオタク。情熱的な料理のスペシャリスト。旅行の専門家。ウェブの第一人者。筋金入りのゾンビ好き。謝罪のない音楽狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。