「世界の半導体顧客を確保し、信頼を築く」…サムスンがTSMCを買収

半導体なしでは生きていけない時代が来ました。 半導体は今や社会と産業の生命線であり力です。 すべてを移動して接続できますが、すべてを停止して破壊することもできます。 1960年代と1970年代に労働集約型経済をハイテクで付加価値の高い産業に変えた半導体産業は、今や覇権、グローバル技術と第4次産業革命の間の新たな移行期に入っています。 新政権が発足したことで、国内の半導体産業の競争力を強化し、エコシステムを拡大することがこれまで以上に緊急の課題として浮上してきました。 GDnet Koreaの創立22周年を記念して、「SemiconductoristheFuture」シリーズが3部構成で連載されています。 輸出業界の最先端を超えて、経済と安全の資産として評価されている韓国の半導体業界の現状を詳しく見て、何を準備し、どのように設計するかについてのガイダンスを求めたいと思います。未来。 [편집자주]

パート1:世界は半導体戦争です

パート2:韓国の半導体神話は続く

パート3:専門家の話を聞く


尹錫淳(ユン・ソクヨル)大統領とジョー・バイデン(ジョー・バイデン)米大統領は20日、平沢の三星(サムスン)電子工場で会談し、両国間の「半導体同盟」を宣言した。 バイデン大統領は、韓国を訪問する最初の目的地としてサムスンエレクトロニクスの半導体工場を選択しました。実際、バイデン大統領が韓国を「チップ4(韓国-米国-日本-台湾)」に参加させたのはこれが初めてでした。安定した同盟中心の半導体サプライチェーンを確保するため。 さらに、同社は11月の中間選挙に備えて、テキサス州テーラー市に建設されるサムスンの半導体工場を間接的に一般に知らせた。

この提携を通じて、韓国は世界の半導体産業をリードする中央先進国のイメージを構築しながら、強力な世界的信頼を築いてきました。 半導体技術の開発、顧客の誘致、投資は勢いを増すことが期待されています。 一方で、中国の追及による被害を国内企業が懸念しているという意見もある。


尹錫淳(ユン・ソクヨル)大統領とジョー・バイデン(ジョー・バイデン)米国大統領が20日、京畿道平沢(ピョンテク)のサムスン電子半導体工場で記念写真を撮る。(写真=大統領府写真記者、ニュース1)

■米国は安定したサプライチェーンの確保を目指しています…国内生産を増やします

第4次産業革命により半導体の供給不足が長引き、需要が拡大する中、米国が半導体アライアンスを通じて達成したいのは「国を中心としたサプライチェーンの確保」です。

漢陽大学のアン・ジンホ教授は、「今回の訪問で、米国がサプライチェーンの安定を確保するための分野を作っていることが明らかになった」と述べた。同じ」と彼は言った。

アン教授はまた、「現在の半導体産業は、外部から安価で優れた製品を購入することでグローバル化を追求してきました。変化の動きがあります」と述べました。

米国は、米国中心のサプライチェーンのセキュリティの一環として、国内工場の誘致に積極的に取り組んできました。 サムスン電子は今年後半にテキサス州テーラーに170億ドル(約21兆ウォン)の鋳造所の建設を開始する予定であり、TSMCはアリゾナ州に120億ドル(14.34兆ウォン)の5nm鋳造所も建設している。

■韓国は「主要な半導体国で信頼を築く」ことでグローバルな顧客を確保

米国との半導体同盟を通じて韓国が得た利点は、世界中の「半導体中核国」としての信頼を築くことです。 外国企業が半導体を必要とするとき、最初に頭に浮かぶ国は韓国であり、SamsungElectronicsまたはSKHynixがその話です。 そうなれば、韓国の半導体関連企業は、グローバルな顧客を引き付けるだけでなく、エコシステムへの投資と構築においても有利な立場を占めることが期待されます。

半導体市場では、韓国が最大のサプライヤーであり、米国が韓国の最大の顧客です。 これは、米国が世界のファブレス(半導体設計)市場で圧倒的なシェアを占めているためです。 市場調査会社のICInsightsによると、昨年、米国はファブレス(半導体設計)企業の世界売上高の68%を占め、ファブレス企業の上位10社には、Qualcomm、Nvidia、Broadcom、AMD、Wonderなどの6つの巨人が含まれています。 。

サムスン電子(18%の市場シェア)にとって、TSMC(52%の市場シェア)に到達するために2番目に大きいファウンドリ市場は、ファブレス顧客との注文を増やすための鍵です。

半導体工業会のアン・キヒョン常務理事は、「韓米半導体同盟は、両国間の信頼関係を築くための一歩だ」と述べた。韓国は、技術を積極的に開発し、半導体サプライヤーなどの施設に投資する必要がある。足がかりとしての半導体同盟」と彼は助言した。


半導体装置(写真=アプライドマテリアルズ)

安金仁教授は、「最近、日米、米台湾、台湾、日本は積極的に半導体同盟を結んでいるが、韓国は無視されている」と述べた。

さらに、この提携により、韓国が米国から半導体装置と原材料の安定した供給を受け続けることができるようになることを評価する価値があります。 米国には、最先端の半導体装置および設計自動化ツール(EDA)テクノロジーがあります。 上位5つの半導体機器のうち3つ(アプライドマテリアルズ、ラムリサーチ、KLA)は米国企業です。 EDAは、Synopsys(33%の市場シェア)やCadence(23%)などの米国企業によっても支配されています。

半導体業界の関係者は、「韓国は最先端の技術と設備を輸入して使用しているため、米国との継続的な協力が必要である」と述べた。

■韓国企業は中国の後退を懸念している…「米国に自社と同等のインセンティブを求めるべきだ」

この提携が中国の韓国企業の事業に混乱をもたらす可能性があることを懸念する声もある。 これは、中国の観点からは「反中国連帯」と見なすことができるためです。

「中国は韓国の半導体輸出の50%以上を占めている」とソウル国立大学工学部のファン・チョルソン教授は心配した。

ファン教授はまた、「米国は過去2年間、国内の半導体企業の中国への輸出を禁止しており、一部の家庭用機器メーカーが中国市場に参入する機会が生じている。それは起こりそうだ」と述べた。 。

同氏は、「たとえそのような損失を被ったとしても、同盟を結ぶ際の見返りはどうなるかを考える必要があるが、今のところ韓国が得られる利益については具体的ではない」と強調した。


サムスン電子の李在鎔副社長が半導体機器会社SEMESを訪問(写真=サムスン電子)

しかし、他の見方もあります。 アン・キヒョン副社長は、「この提携は機器メーカーとはあまり関係がない」との見方を示した。 「中国に輸出している国内機器メーカーの割合は大きくなかった」とアン氏は語った。 。


SKハイニックス副社長のパク・ジョンホが、京畿道利川市本部で31日に開催されたSKハイニックス10周年記念イベントで、同社の今後の成長の方向性を説明する。(写真= SKハイニックス)

米国は企業に平等なインセンティブを求めるべきだとの指摘もあった。

関連記事

アン・ジンホ教授は、「同盟は信頼を築くためのものであり、具体的な詳細を尋ねるのは難しい。代わりに、米国で活動する韓国企業に平等なインセンティブを与え、米国企業から差別されることなく安定を確保するよう求めることができる。それを求めなさい」と彼は言った。

一方、今年の2月、米国上院と下院は、全国の半導体生産を増やすために、520億ドル(約65.8兆ウォン)に相当するCHIPSforAmerica法を可決した。 米国はまた、150億ドルの鋳造サポート法案を推進しています。

Toyama Jiro

「テレビオタク。情熱的な料理のスペシャリスト。旅行の専門家。ウェブの第一人者。筋金入りのゾンビ好き。謝罪のない音楽狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。