アシアナ航空は、日本の名古屋へのフライトを再開します。 他の日本のルートは増加しています










アシアナ航空は、日本の名古屋へのフライトを再開します。 他の日本のルートは増加しています

アシアナ航空の航空機。 ニュース1

アシアナ航空は4月から名古屋へのフライトを再開します。

アシアナ航空は、日本の最近のインバウンド旅行者数の制限緩和と40の緩和傾向に合わせて、名古屋路線を週1回運航し、既存の東京、大阪、福岡の路線への便を増やすと発表した。 名古屋ルートは、2021年4月29日に11ヶ月の運行を経て再開されます。

仁川-名古屋便は、仁川空港を午前8時30分に出発し、名古屋中部空港に現地時間の午前10時25分に到着し、現地時間の午前11時25分に出発し、同日午後1時30分に仁川国際空港に到着します。への帰路で運営

日本の主要路線の便数も増加します。 3月27日から仁川-成田線は週6便から毎日運航、仁川-大阪線は週3回から週5回、仁川-福岡線は週1回運航します。 。週に2回まで。

アシアナ航空の関係者は、「ポストコロナウイルスに備えて、日本へのルートを拡大し、韓国と日本の間のビザなしの入国システムと自己隔離の緩和を注意深く監視することにより、追加のフライトを検討する予定です。 「」

日本は3月に1日あたりの入国制限を3,500から5,000に引き上げ、3月14日から7,000に引き上げる予定です。 韓国からの3回目の予防接種を完了した人の自己検疫も7日から3日に短縮されました。

日本に入国する場合は、出国後72時間以内に検査後にPCR陰性確認証明書を発行し、入国前に電子アンケートに回答し、スマートフォンを持っている必要があります(持っていない場合は、スマートフォンをレンタルする必要があります)。自己負担)。 ワクチンを3回接種した人(ヤンセンの場合、1回の接種は2回の接種として認識されます)は、証明書を持っている場合は3日間、証明書を持っていない場合は3日間自己隔離する必要があります。 4日間の自己検疫。

solidkjy@fnnews.com、ジャーナリストKoo Ja-yoon








Saeki Nori

「謝罪のないソーシャルメディアの第一人者。一般の読者。不治のポップカルチャーのスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。