ソフトバンクワンシップパートナーにアーバンベースが選ばれました


[테크월드뉴스=조명의 기자] アーバンベースは、ソフトバンクの日本における「ONESHIP」のパートナーに選ばれたことを発表しました。 日本の不動産や住宅市場向けに最適化された空間データや3Dインテリアソリューションの提供など、プロップテックメタバースの分野での技術力と市場性が認められています。




ソフトバンクのビジネスパートナープログラムであるOneshipは、さまざまな業界で革新的なテクノロジーと経験を持つ企業を選択することにより、次世代のプラットフォームを構築するように設計されています。 パートナーとしては、主に、人工知能(AI)、クラウド、セキュリティ、モノのインターネット(IoT)、ロボットプロセス自動化(RPA)などの第4の産業技術と関連サービスを提供する企業が選ばれます。


アーバンベースは、ソフトバンクやプログラムに参加しているパートナーと協力して、メタバースの基盤となる3D仮想空間を実現するためのプラットフォームを構築しています。 アーバンベースのコアテクノロジーは、主に3D空間で2D図面を数秒で自動的にモデル化するために使用されます。 アーバンベースは、中国、ヨーロッパ、日本、米国、香港、韓国を含む5つの主要国で、この技術に関する世界で唯一の特許を保有しています。


このパートナーシップの一環として、UrbanBaseは7月1日からソフトバンクエグゼクティブブリーフィングセンター(EBC)でソリューションを展示します。 ソフトバンクEBCは、最新のソリューションをデモンストレーションして紹介する展示スペースであり、企業と顧客をつなぐことで新しいビジネスを探求する機会を提供します。 アーバンベースは、「アーバンベース」3Dインテリアサービスと「アーバンベースAR」拡張現実(AR)インテリアアプリケーションを導入する予定です。


アーバンベースの最高執行責任者であるキム・ドクジュン氏は、「日本のゲームチェンジャーと呼ばれるソフトバンクの最高レベルのパートナーであるワンシップに選ばれたことをうれしく思う。彼らと一緒にやることを楽しみにしている」と語った。
















Saeki Nori

「謝罪のないソーシャルメディアの第一人者。一般の読者。不治のポップカルチャーのスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。