ロボット新聞モバイルモバイルサイト、日本のソニーは修理モデルに基づいて「ロボットマニピュレータ」技術を開発します





▲Sonyが発表したロボットマニピュレーター(写真= Sony)

日本のグループであるソニーは7日、「ソニーテクノロジーデー」を開催し、油圧モデルをベースにしたロボット操作技術を発表しました。

今回発表したロボットマニピュレーターは、ソニー独自のセンシング・コントロール技術を駆使して開発されました。 ソニーは、世界初の「未知の物体の任意の方向への滑りを予測する算術モデリング」を実装したと発表した。 このロボットマニピュレータは、触覚で柔らかいものと硬いものを操作できます。

ソニーテクノロジーデーでは、マニピュレーターをヒューマノイドロボットに接続することで、さまざまな物体をつかむ動作を実演しました。 ポテトケーキ、ケーキ、花など様々なものを捕らえるロボットを見せ、カップに水をスムーズに注ぐ操作も行いました。





▲マニピュレーターロボットがじゃがいもを持っている(写真=ソニー)





▲マニピュレーターロボットを使ってバラを優しく抱きしめる(写真=ソニー)

ソニーの説明によると、ロボットマニピュレータに搭載されている「未知の物体をスクロールする予測数学モデル」は、あらゆる物体を優しくつかむ技術です。 テクノロジーの核心は、事前に学習しなくても、初めて見たオブジェクトをキャプチャできることです。 ロボットマニピュレーターにはビジョンカメラがなく、深層学習技術も適用されていません。 代わりに、油圧モデルが適用され、合計168個のセンサーで構成される触覚センサーを使用して触覚が認識されます。 ロボットの手の片側には、圧力センサーに関連付けられた16個のゴム製の突起があります。

Nakai Katsuo

「音楽の魔術師。邪悪なポップカルチャーの恋人。謝罪のないクリエーター。いたるところにいる動物の友達。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。