中小企業省およびスタートアップに属する企業の採用-ミドルバキューム、輸出ローカリゼーションプログラム










中小企業省およびスタートアップに属する企業の採用-ミドルバキューム、輸出ローカリゼーションプログラム
©News1

(ソウル=ニュース1)キム・ミンソク記者=中小ベンチャー企業省と中小ベンチャー企業は18日、中小ベンチャーキャピタルを採用して専門的な輸出ローカリゼーションプログラムに参加すると発表した。 。

輸出ローカリゼーションプログラムは、中真空の輸出インキュベーターと各国の専門分野に精通した地元の専門機関との協力を通じて海外展開を支援するプロジェクトです。 昨年導入されました。

特に、Δ製品ローカリゼーションの診断Δ技術コンサルティングと製品改善Δプロトタイプの開発とテストΔ技術標準の取得のサポートΔハードウェア/ソフトウェア設計の改善Δビジネスマッチング認証の取得などの個別のサポートが提供されます。

中小ベンチャー企業省と中小ベンチャー企業は予算を40億ウォンに拡大し、前年度より10億ウォン増加した。 輸出の割合が高い米国、欧州、中国、日本、ベトナム、アラブ首長国連邦の有望な現地産業に関連する84社を選定し、支援する予定です。

サポートされる8つの拠点は、Δシカゴ(バイオヘルス)、米国、Δワシントン(再生可能エネルギー)、Δフランクフルト、ドイツ(低炭素電子部品)Δ北京、中国(環境に優しい資源の循環)ΔUAEドバイ(医療認証)などです。 。 。

海外の各拠点にプログラムを適用するための資格や参加の申請方法などの詳細は、GobizKoreaまたはMiddleVacuumのWebサイトで確認できます。

同社の社長であるキム・ハクド氏は、「昨年、輸出ローカリゼーションプログラムを通じて113社を支援し、約150億ウォンの投資を呼び込むことができた」と語った。 私たちは中小企業が再生可能エネルギーと低炭素エネルギーの能力を強化するのを支援します」と彼は言いました。








Toyama Jiro

「テレビオタク。情熱的な料理のスペシャリスト。旅行の専門家。ウェブの第一人者。筋金入りのゾンビ好き。謝罪のない音楽狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。