人口比率の日本の新しい理学博士は韓国に遅れをとっている…低学歴の国になるために

4日から10日までの10年間の自然科学記事の上位10%の引用

自然科学の分野では、日本の研究競争力が大幅に低下していることがわかりました。

ヨンハプニュースは2日、文部科学省科学技術研究所の文部科学省の「科学技術指数2021」報告書を確認した。日本。

これは、人間社会科学、自然科学など、あらゆる分野で博士号を取得した人の分析結果です。

2018年には、英国(375人)が博士課程の学生数が最も多く、次にドイツ(336人)、韓国(296人)、米国(281人、1年生を除く)、フランス(172人)、日本が続きました。 (120人)、続いて中国(44人)。

日本は博士課程の学生の中で自然科学の卒業生の割合が高いですが、日本が7カ国中6位にランクされているという事実は変わっていません。

ドイツ(254人)、イギリス(249人)、アメリカ(181人)、韓国(172人)、フランス(112人)、日本(94人)の順で博士号を取得しました。 2018年に100万人の住民のための自然科学。 。

中国については、セクター別の詳細なデータは確認されていません。

2018年に卒業する博士課程の学生の総数は、人口の割合に関係なく、米国(91,887)、中国(61.60)、ドイツ(27,838)、英国(24)がそれに続きました。 韓国(15,308)、日本(15,143)、フランス(11,561)から。

日本の地位の低下は、新聞の集約によっても確認されています。

日本のライフサイエンス論文の平均数(分数カウント法)は、1997年から1999年にかけて米国に次いで2位でしたが、2017年から2019年にかけて中国、米国、ドイツに次いで4位に減少しました。

「トップ10%修正論文」に基づき、日本は1997年から1999年の4位から、2017年から2019年の10位になりました。

上位10%までに訂正された記事の数は、各分野の引用索引が上位10%にある記事を抽出して訂正し、世界的に影響力のある記事の作成にどれだけ貢献したかを判断することによって得られる指標です。

たとえば、アメリカ人1人と日本人2人を含む3人の研究者が一緒に記事を書いた場合、各研究者は3分の1を貢献したと見なされ、日本の貢献は3分の2としてカウントされます。

日本の人口比率の新しい博士号は韓国に遅れをとっています..."低学歴の国になる"

主要国に留学している日本人研究者の数も少ないようです。

2018年には、米国で研究を行っている外国の理工系大学院生の数が中国で84,480人と最も多く、韓国、インド、イランが6,850人、日本が990人と18番目でした。

日本の一連の状況について懸念している声があります。

日本経済新聞は、「日本の近代化と経済成長を支えてきた 『才能ある雇用』モデルが揺らいでいる」と述べた。 「それは得ている」、2を診断しました。

/ユンハプニュース

Saeki Nori

「謝罪のないソーシャルメディアの第一人者。一般の読者。不治のポップカルチャーのスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。