現代自動車グループの標準的な「パリ協定」の電気自動車の目標は、日本車に先んじて達成するのは難しい

▲現代自動車「IONIQ5」電気自動車。


[비즈니스포스트] 現代自動車グループは、パリ協定に沿って電気自動車などの環境に配慮した自動車の展開を加速している世界有数の自動車メーカーの中で、目標の半分にとどまると予想されています。

ステランティス、フォルクスワーゲン、BMWなどのヨーロッパの自動車メーカーは優れた結果を出すことが期待されていますが、トヨタ、ホンダ、日産などの日本の自動車メーカーは、電気自動車への転換率が遅れる可能性が高いです。

フランスの通信社であるAFPは19日、「世界の主要な自動車メーカー12社のうち、気候変動に関するパリ協定の目標を達成するのに十分な割合の電気自動車を生産できるのは2社だけです」と報告しました。 。

世界をリードする自動車メーカーは、気候変動に関するパリ協定に基づく政府の炭素削減およびグリーン車両転換政策に沿って、2030年までに電気自動車の売上高の割合を50%以上に増やすことを計画しています。

しかし、非政府組織であるインフルエンスマップからの調査結果を引用しているAFPレポートによると、新しい電気自動車の発売と製造の計画は、一般的に目標を達成するのが遅いと見られています。

インフルエンスマップは、純粋な電気自動車会社であるテスラ(100%)の後、メルセデスベンツは2029年までに電気自動車の発売の56%に達し、気候変動に関するパリの合意の下で電気自動車を転換するという目標に到達すると予測しています。

テランティス、フォルクスワーゲン、BMWなどのヨーロッパの自動車メーカーは、EVの発売の36〜46%を達成し、目標に比較的近い目標を達成すると予想されています。

現代自動車グループの2029年の電気自動車発売シェアは、目標の約半分の27%を維持すると見込まれています。 これは、米国のフォード(28%)およびフランスのルノー(31%)に似ています。

しかし、日本の競合他社と比較して、現代自動車グループの電気自動車の変換速度は比較的良好と評価されています。 トヨタ、ホンダ、日産は、2029年の電気自動車の発売のそれぞれ14%、18%、22%を占めると予想されています。

インフルエンスマップは、ほぼすべての自動車メーカーが炭素削減目標に受動的に参加しており、すべての自動車メーカーの電気自動車の発売率が2029年までに32%にとどまる可能性が高いと予測しています。

これは、自動車業界が電気自動車の発売を拡大し、さらに加速する取り組みを強化しない限り、パリ協定の目標を達成する可能性は低いことを意味します。

また、地域ごとに環境に配慮した自動車政策の強度が異なる原因として分析されています。

2029年には、米国におけるトヨタの電気自動車のシェアはわずか4%になると予想されていますが、ヨーロッパにおける電気自動車のシェアは50%に達すると予想されています。

これは、エコカー政策を強力に推進している欧州だけが電気自動車への移行に力を入れているという意味で見ることができます。

気候変動に関するパリ協定の下で、世界の自動車メーカーによる電気自動車の発売の目標は、2029年までに地球温暖化を最小限に抑えることを目標に決定されました。ジャーナリストのキム・ヨンが勝ちました

Toyama Jiro

「テレビオタク。情熱的な料理のスペシャリスト。旅行の専門家。ウェブの第一人者。筋金入りのゾンビ好き。謝罪のない音楽狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。