[미‧중 기술패권 주 전장인 반도체분야, 한국, 대만 및 일본의 전략은? (5)] 日本のPreferredNetworks、AIディープラーニングの世界的な睡眠ドラゴン

バイデン米大統領は2月、米国と中国の間の技術覇権の最初の戦場は半導体であると述べた。 その後、9月23日、米国商務省は、世界をリードする半導体企業に企業の機密情報の提出を要請しました。 日米半導体協定でメモリ半導体を独占したサムスン電子とSKハイニックスの韓国、ファウンドリ事業をほぼ独占しているTSMCの台湾、国内半導体で半導体の取引を検討している日本と日本投資中国を含む北東アジアの半導体戦争の状況を見てみましょう。

[출처=Preferred Networks 홈페이지(preferred.jp)

 

 

[뉴스투데이=최봉 산업경제 전문기자] Preferred Networks(PFN)は、AIディープラーニングに関連する日本の研究開発スタートアップです。




事業分析を専門とするCBInsightsによると、今年は世界のユニコーン企業917社中355位にランクされ、企業価値は約20億ドルで、IAの分野で72社の中で唯一の日本企業です。ランキング25。

研究開発に特化した企業であり、主に日本大企業との未来志向の研究開発に注力しているため、一般にはあまり知られていません。


•日本の人工知能スタートアップPFNは、11月にスーパーコンピューターのランキングでトップになりました

とりわけ、PFNの最大のセールスポイントは、独自のAIテクノロジーに基づいてAIのみのチップを製造し、独自の相互接続S / Wベースのスーパーコンピューターも製造していることです。

スーパーコンピューターは、重要な機能である計算能力に基づいて、何十年もの間「トップ500」にランク付けされてきましたが、ビッグデータ処理がより重要になるにつれて、「グラフ500」ランクが出現しました。

最近、ビットコインマイニングの消費電力と世界中に構築されたデータセンターの膨大な電力消費が問題になっています。

そこで、地球温暖化の進行を抑えるためのエネルギー効率の重要性を強調し、これに基づいて世界のスーパーコンピューターをランク付けする「グリーン500」を創設しました。

PFNは、昨年のGreen 500半年ランキングですでにトップの座を占めており、今年の11月のランキングでは、Intel Xeon Platinum 8260Mチップに基づいて、自作のS / Wネットワークで構築されたMN-3マイクロスーパーコンピューターが世界のトップでさらに別の時間。 。

画像
[출처=Preferred Networks 홈페이지(preferred.jp)

 

 


• AI 딥러닝 독자 기술을 바탕으로 토요타, FANUC 및 히타치제작소 등과 협업

 

PFN은 AI 딥러닝 관련 인프라, S/W 및 H/W 거의 전 분야에 걸쳐 독보적 역량을 쌓아가고 있다.

 

물론 연구개발 스타트업이므로 실증실험 등에 대한 대가를 주 수익원으로 하고 있지만 실제 비즈니스를 통해 수익을 올리고 있기도 하다.

 

즉 일본 내 교통시스템, 제조업 및 바이오헬스케어 등 광범한 분야에서 대기업들과 협력하여 괄목할 만한 성과를 내고 있다.

 

교통시스템에서는 토요타와 자율주행/커넥티드 카 분야에서, 제조업에서는 산업용 로봇의 대명사 FANUC 및 히타치제작소와 로보틱스 및 공작기계 분야에서 특히 사물인식‧제어‧이상 감지‧최적화 관련 연구개발을 진행하고 있다.

 

무엇보다 주목되는 점은 이들 대기업들이 PFN의 기술력을 알아보고 대부분 먼저 협업을 제안했다는 사실이다.

 

최근에는 바이오‧헬스케어 분야의 미래 성장성에 주목하여 일본 국립암연구센터 등과 의료분야 화상 해석 및 혈액을 통한 조기 암진단 기술을 연구하고 있다.

 

바이오‧헬스케어 분야에서는 이미 2019년 일본 생활용품 기업 KAO와 제휴하여 피부 지방의 RNA를 통한 건강상태를 분석하는 사업에 참여하고 있다.

 

KAO의 데이터를 바탕으로 PFN의 AI가 분석하여 미용 카운셀링 사업에 활용한다는 것이다. 이 외에 AI관련 교재 제작, 프로그래밍 교육 S/W 개발 등 교육 관련 사업도 하고 있다.

 

image
[출처=Preferred Networks 홈페이지(preferred.jp)]
*オミクス:ゲノム情報に基づいて生体を構成するさまざまな分子を総合的に分析する手法


•主要な国内企業とのコラボレーションとグローバリゼーションが重要な問題です

このNFPのビジネスモデルは、技術の導入や合併や買収による外部の技術獲得ではなく、H / WとS / Wをカバーする内部開発技術に基づいて独自のエコシステムを構築する戦略です。 ほんの一握りのグローバルIT企業が試みています。

ほとんどの日本企業は、事業に対する大規模な内需を優先しており、伝統的に、グローバル市場への参入を次に優先するという経営戦略を採用してきました。

日本で協力できる様々な競争力のある企業が存在するため、国内企業との協力が優先されること、ならびに明確な市場需要、経営およびコミュニケーション慣行の効率性を確保することは、経営効率および経営戦略の改善の観点から非常に自然です。 。 かわいいです。

しかし、S / WとH / Wの両方をカバーするこの自己啓発手法を実現するためには、収益性を確保し、短期間で確固たる地位を確立するために、国内のグローバル企業とのパートナーシップを最初に選択する戦略はありません。将来のグローバル市場でのパフォーマンスに影響を与える

言い換えれば、NFPモデルが世界市場での懸念を競うことで具体的な結果を生み出すことができるかどうかは、将来のNFPの動きを監視するポイントになります。

さらに、NFPやトヨタなどの日本の大企業のこの提携戦略は、ビッグデータ/ AIに基づくビジネス関連のエコシステムを構築し、韓国の半導体産業や自動車および自動車会社の将来のモビリティに非常に重要な意味を持っています。


画像

Fukushima Kayo

「ハードコアゾンビファン。不治のインターネット擁護者。微妙に魅力的な問題解決者。フリーランスのツイッター忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。