日本でも利用可能なディズニー…バンダイナムコホールディングスイ・ジミンホンの日本株注意ガイド

(写真=聯合ニュース)

ウェブトゥーンなどの知的財産権(IP)を使用したドラマや映画、ウェブ小説、「神と共に」、「梨泰院クラス」、最近の「イカゲーム」などのゲームは、今ではあまりにも馴染みがあります。 1980年代と1990年代には、米国と日本から輸入されたIPを使用して韓国で放送される漫画やゲームが主流でしたが、現在では、ウェブトゥーン、歌、映画、ゲームなど、韓国の文化コンテンツが世界を支配しています。

DNCメディアのウェブトゥーン(263720)「レベルアップアローン」とデヴシスターズの最近の日本ゲーム「クッキーラン」(194480)も日本と中国の市場で成功への道を進んでおり、クッキーランはセガのソニックと協力しています。 、はいと言います。

日本の場合、どのような企業が影響力のあるIPを持っていますか? ポケモンの任天堂(7974)、ウィニングイレブンのコナミ(9766)、ソニックのセガサミー(6460)とともに、日本最大のIPを保有するバンダイナムコホールディングス(7832)を簡単に紹介します。

時価総額約21兆ウォンで取引されているバンダイナムコは、ガンダム、ドラゴンボールなどのヒット作で日本を代表するキャラクターフランチャイズ企業となったバンダイ(主にアニメーション、おもちゃ、おもちゃ)でシンプルな遊園地の乗り物を設置しました2005年、ゲームのトップ企業であるナムコは、事業を営む事業としてスタートし、ギャラクシアンやパックマンのようなアーケードゲーム帝国へと成長し、最大の知的財産として生まれ変わりました。日本で開催。 下の表に示すように、バンダイナムコIPにはおなじみの名前がたくさんあります。

"日本でも利用可能なディズニー"…バンダイナムコホールディングスが注目する理由[지민홍의 일본주식 가이드]

バンダイナムコの事業部門は、大きく5つのカテゴリーに分けられます。 売上貢献高順に、トイ&ホビー事業(約45%)、ネットワークエンターテインメント事業(約37%)、リアルエンターテインメント事業(約11%)、ミュージックビデオ制作事業(約5%)、IPクリエーション活動(約4%) %)。

各部門はそのパフォーマンスを発表しますが、最終的には、各部門が新しいコンテンツまたはIPを有機的に計画および開発し、それをおもちゃ、キャラクター、衣類などの製品に変換します。 知的財産の価値を最大化できるプラットフォーム(ドラマ、映画、ゲームなど)への事業拡大が事業の本質であることは明らかです。 また、バンダイナムコとは関係のないIPマーケティング・商業化事業を行っているが、日本のキャラクター業界が到達できない場所はない。

"日本でも利用可能なディズニー"…バンダイナムコホールディングスが注目する理由[지민홍의 일본주식 가이드]

2005年にバンダイとナムコが合併した後は、相乗効果はあまり見られませんでした。 企業文化は異なり、ゲームとおもちゃの組み合わせがエンターテインメント業界に拡大するまでに約5年かかりました。 それ以来、下の表からわかるように、パフォーマンスは年々伸びていますが、2017年以降売上高の伸びが停滞していることも事実です。IPは拡大していますが、妖怪ウォッチとベストセラーのIPはまだ既存の作品です。

アーケードゲーム事業は、クラウン危機以降、国内だけでなく海外でも大きな打撃を受け、徐々に縮小していきます。 さて、古い路地の「アーケード」は、写真の記憶にとどまる可能性があります。

"日本でも利用可能なディズニー"…バンダイナムコホールディングスが注目する理由[지민홍의 일본주식 가이드]

でもディズニーを見ると、バンダイナムコの可能性に目を光らせておくべきだと思います。 2000年代、ディズニーはピクサー、マーベル、ルーカスフィルムなどの大手企業の合併や買収を通じてコン​​テンツ帝国を築き、ディズニープラスオンラインビデオサービス(OTT)とのビジネスを拡大し続けています。 多くの馴染みのある強力な長期IPを持っているということは、会社が常にドル箱として行動していることも意味します。 これは、新しいIPの取得や新規事業への参入など、将来的にできることがたくさんあることを意味します。

Facebookが買収したOculus(VR、AR、XRデバイス)は急速な成長を見せています。 バーチャルリアリティゲーム市場が本格的に開放され、関連機器の供給が拡大すれば、IPなどを利用したゲームを通じてさらなる成長が見込める可能性があります。 投資家の立場からすれば、まだまだ優位性のある安定した会社になると思います。

新韓金融投資漢南洞PWMセンターPBチームリーダーJimin-hong

「外部の著者の内容は、このドキュメントの編集方向とは異なる場合があります。」
読者のリクエスト:thepen@hankyung.com

Toyama Jiro

「テレビオタク。情熱的な料理のスペシャリスト。旅行の専門家。ウェブの第一人者。筋金入りのゾンビ好き。謝罪のない音楽狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。