日本のメガバンクは低金利のために規模が拡大しました…上位3つの総資産はGDPを15倍上回りました

20年でほぼ2倍になりました
第1回三菱UFJ、韓国のGDP1.5倍
「許容できない」ビープ音。

写真=聯合ニュース

日本の3大メガバンクの資産は国内総生産(GDP)を1.5倍上回っています。 これは、超低金利環境での性能低下を防ぐために、サイズを急激に大きくした結果です。

日本のメガバンクは低金利のために規模が拡大しました...総資産上位3位、GDPの1.5倍以上

日本経済新聞4社によると、2021年末の三菱UFJ、三井住友、みずほの3大メガバンクの総資産は、名目GDP(542兆)の1.55倍の842兆円(約8367兆ウォン)でした。円)。

メガバンク制度が銀行間合併により開始された2001年の資産はGDPの0.84倍(439兆円)であり、20年でほぼ倍増した。 米国と中国の4大銀行の総資産はGDPの0.5倍と1.16倍でした。

三菱UFJヘリテージNo. 日本の1は昨年366兆円に上昇した。 これは韓国のGDP(円換算で207兆1,555億円)の1.5倍以上です。 「運用能力の限界を超えた」という危機感が内部的に高まったため、昨年9月に米国子会社の三菱UFJユニオンバンク(13兆円事業)の売却を決定した。

日本の銀行の超透析は、2008年の世界金融危機後の慢性的な超低金利の産物です。これは、金利の低下により収益性が劇的に低下した後の「ピールオフ」の結果です。 これは、金利が半減した場合、利益を維持するために資産を倍増させなければならないためです。

2016年、日本銀行がマイナス金利政策を実施したとき、民間銀行はより急速に成長しました。 長い不況を経験してきた日本では、融資を見つけられなかった銀行が海外市場に目を向けています。 メガバンクの海外支店の海外融資額は、過去20年間で3倍の90兆円に達した。 株式や債券などの外国株も2008年から2.4倍増の60兆円。

これは、日本の銀行の海外債権が10〜20年ぶりに150兆円増加したことを意味します。 2015年、三菱UFJは企業向け融資およびエネルギー関連プロジェクトで世界第1位にランクされました。 日本経済新聞は、「メガバンクは世界中のリスクを適切に管理するのが難しい。

東京=ヨンヒョ特派員ジョンhugh@hankyung.com

ⒸHankyung.com、許可されていない転載および再配布は禁止されています

Toyama Jiro

「テレビオタク。情熱的な料理のスペシャリスト。旅行の専門家。ウェブの第一人者。筋金入りのゾンビ好き。謝罪のない音楽狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。