日本のKショッピングモールナビゲーション…オンライン輸出の最先端

日本へのオンライン輸出が始まった。 直接販売型ショッピングセンター(D2C)の建設と、現地でのカスタマイズされたシステムの導入が効果的でした。 K-POPやK-ドラマのような新しい韓流ブームも韓国のショッピングモールの輸出に貢献しました。

国家統計局によると、昨年の日本での直接海外売上高(逆直接購入)は、前年比11.4%増の2,456億ウォンを記録し、主要国の中で最も高い成長率を記録した。 最大のシェアを占める中国への輸出は大幅に減少したものの、逆直接購入の総量は27.4%減少したが、日本市場は明確な成長を遂げた。 特に、eコマースの輸出の増加は目覚ましいものがあります。 大韓貿易投資振興センターの報告によると、昨年、日本への電子商取引の輸出は倍増した。 これは、日本の消費者の日常生活に浸透している韓流のブームを積極的に活用し、国内ショッピングセンターの日本市場への参入が加速したことによるものです。

日本のオンライン輸出拡大の主な貢献者はソーホーモール(個人オンラインモール)です。 彼らは、eコマースソリューション会社Cafe24を介して構築された独自のD2Cモールに基づいて、効果的に日本に参入することができました。 ウェブホスティング会社がサポートするソリューションを使用している場合は、国内モールと同様に言語を変換することで、製品の詳細を海外モールにリンクできます。 個人の所有者は、国内および海外のショッピングセンターを統合できます。

近年、日本で韓国製品への嗜好が高まる中、国内市場を経由せずに日本向けのショッピングモールも増えています。 昨年、Cafe24を拠点とするオンラインモールD2Cの日本での売上高は39.4%増加しました。 2020年も絶えず成長しており、前年比37.5%の増加となっています。 完全にカスタマイズされたローカルサービスの導入も、逆直接購入の増加の要因として機能しました。 ホームショッピングセンターソリューション業界は、商品の連携、日本の現地物流会社との提携、決済など、個々の事業とは独立して実施することが難しいさまざまな技術を支えています。

カフェ24を介して日本のショッピングモール(日本のショッピングモール)を運営するハッピングの場合、地域最適化のための日本のカスタム決済システムを導入することで効果的でした。 オンラインで商品を注文し、コンビニエンスストアで支払うという日本独自のeコマース手法を採用し、ファミリーマート、ミニストップ、ローソンと提携しています。 さらに、主に日本で使用されている電子決済および決済(PG)サービスであるPayPal、Eximbay、およびAxisPaymentがロードされました。

KOTRAはまた、国内のショッピングモールの日本への輸出を積極的に支援しており、逆直接購入の活性化を目指しています。 先月、日本の4つのショッピングモールを中心に、韓国の消費財中小企業が日本市場に参入するための戦略に関する説明会が開催されました。 KOTRAの日本地域本部長であるキム・サムシクは、次のように述べています。「日本では、韓国の急増とともに、韓国の消費財が人気があります。

日本のKショッピングモールナビゲーション...オンライン輸出の最先端

朴柱昊、スタッフレポーターjunho@etnews.com

Toyama Jiro

「テレビオタク。情熱的な料理のスペシャリスト。旅行の専門家。ウェブの第一人者。筋金入りのゾンビ好き。謝罪のない音楽狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。