日本最大の保険会社、韓国のソリューションによるデジタルトランスフォーメーション…日本の金融市場の輸出に向けたグリーンライト

日本最大の保険会社、韓国のソリューションによるデジタルトランスフォーメーション…日本の金融市場の輸出に向けたグリーンライト

日本最大の保険会社である損害保険ジャパンは、国内ソフトウェア(SW)を使用した次世代システムを運用していました。 国内のソフトウェア企業が非常に保守的な日本の金融市場への参入に成功するにつれて、韓国企業の日本の金融セクターへの輸出は勢いを増すと予想されます。

Innorules(CEOのKim Gil-gon)は、Sonbo Japanの将来のイノベーションプロジェクトに製品を供給することにより、第1フェーズシステムを開始する最初のことを発表しました。

Innorulesは、ビジネスルール(ルール)エンジン(BRE)ソリューションのプロの開発者です。 BREは複雑なタスクを簡素化し、システム作成の速度と効率を向上させます。 多くの国の保険会社、証券会社、銀行がInnorules製品を導入しています。

尊保ジャパンは2016年から次世代プロジェクトの準備を進めています。これは30年ぶりの新世代プロジェクトであり、2兆ウォンの投資でこれまでで最大のプロジェクトです。 Sohnbo Japanは、国内保険会社のリスクマーキングのために韓国を訪問した際にInnorules製品に出くわしました。 Innorulesを他の外国製品と比較し、ベンチマークテスト(BMT)を実行した後、Innorulesが選択されました。

Sonbo Japanは、Innorules製品をコアビジネスに導入しました。 Innorulesのデジタル製品情報管理システム(DPM)は、製品構造から保険販売、保険料の支払いと決済までの構造を簡素化するために導入されました。

Innorulesは、プロジェクトの中心である主要システムのパフォーマンスを向上させるのに役立ちました。 既存のシステムは古くから使用されており、大量のデータが蓄積されています。 新製品を追加する場合、既存のシステムに影響があるかどうかを調べるなど、迅速な開発は不可能でした。

今回のオープンキーシステムは、Innorules DPMを使用して、製品開発中の一般的な処理を標準化し、製品の特性に基づいて開発プロセスを分離します。 尊保ジャパンは、製品開発・改造期間を3分の1に短縮する計画で、1年近くかかりました。

この新しいシステムを皮切りに、損害保険ジャパンは2025年までに自動車保険と火災保険のシステム全体を移転する予定です。イノルールは、日本の情報(IT)のテクノロジーサービス企業である日立とともに、今後4年間プロジェクトに参加します。プロジェクトをリードする。

Innorulesは、尊保ジャパンのケースを足がかりとして、東南アジア市場と日本に進出することを計画しています。

イノルールズのキム・ギルゴン最高経営責任者(CEO)は、「日本で最も要求の厳しい金融会社の中核事業に商品を提供しているという点で重要だ」と語った。 「それは長年その安定性と技術で認められてきました」と彼は言いました

キム最高経営責任者(CEO)は、「インドネシアやマレーシアなど、東南アジアの著名な国々は、国内と日本の例を用いた金融プロジェクトの準備をしている。彼らは強い意志を示している。

特派員ジソンキム川@etnews.com

Toyama Jiro

「テレビオタク。情熱的な料理のスペシャリスト。旅行の専門家。ウェブの第一人者。筋金入りのゾンビ好き。謝罪のない音楽狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。