是枝裕和初上映監督「ブローカー」「パンデミック後、一緒に仕事ができてうれしい」

第75回カンヌ映画祭コンペティション部門の招待制映画「ブローカー(是枝裕和監督)」は、27日午後7時(現地時間)にグランドシアタールミエールで世界初公開される前にレッドカーペットに出演しました。 。| カンヌ(フランス)= Sewan park.sewan@joongang.co.kr〈写真= JTBCエンターテインメント〉

是枝裕和監督は、熱狂的な拍手に感謝の意を表した。

第75回カンヌ映画祭(以下、カンヌ映画祭)のコンペティション部門への招待状である「ブローカー(是枝裕和監督)」が、現地時間午後7時にグランドシアタールミエールで初公開されました。 27.。

「ブローカー」は、赤ちゃんポストの周りの関係にある人々の予期せぬ特別な旅を描いた作品です。 日本の是枝裕和監督がメガフォンを手にした最初の韓国映画であり、計画段階から世界的な注目を集めており、韓国の最高のスタッフと俳優のソン・ガンホ、カン・ドンウォン、ペ・ドゥナ-ナ、イ・ジウン、イ・ジュヨンが協力して期待を高めた。

初演後、会場はブーイングと歓声でいっぱいになりました。 エンドクレジットの最中も拍手は止まらず、ライトをつけた後は、誰が強く叩いたり、誰が賭けたりしたかのように、倦怠感を感じることなく拍手しました。 是枝裕和監督と俳優たちは、お互いに元気を出してカメラに向かってポーズをとるシーンを楽しんでいましたが、それでも歓声は続きました。

ティエリー・プリモ社長も拍手に満足し、是枝裕和にマイクを渡すのは簡単ではありませんでした。 約12分後、是枝裕和が近づき、是枝裕和監督は「ティエリー・プリモ社長はサスペンスをうまく処理しているようだ」と怒鳴った。

彼は「私は冷や汗をかいているが、ついに終わった」と言った。 「パンデミックの間、映画を作るのは非常に困難でしたが、みんながそこにいて、みんなと普通に映画を共有できて良かったです。ありがとう。」

是枝裕和監督は、公式上映前の全国ジャーナリストとの会談で、「映画の主演俳優5人の組み合わせは本当にいい。それだけだ。誇りに思う。彼らの演技と彼らの演技を楽しんでください。化学。「監督や音楽監督のチョン・ジェイルなど、韓国を代表する監督たちが集まった仕事だ。 ですから、面白くないのなら、それはすべて私のせいです。」

世界が注目する日本人マスターのタッチとKコンテンツの力が出会う「ブローカー」。 カンヌでどのような評価が受けられるのか、そしてそれが重要な賞を受賞するのかどうか、一般の人々は彼らの旅行に注目しています。

カンヌ(フランス)=レポーターJo Yeon-kyung、エンターテインメントニュースチームcho.yeongyeong@jtbc.co.kr(コンテンツ本部)

発表

Toyama Jiro

「テレビオタク。情熱的な料理のスペシャリスト。旅行の専門家。ウェブの第一人者。筋金入りのゾンビ好き。謝罪のない音楽狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。