AP、昨年の第4四半期の売上高は800億ウォン…「今年はさらに成長する」










4月、昨年の第4四半期に800億ウォンの売り上げ..."今年はもっと成長する"

4月、昨年の第4四半期に800億ウォンの売り上げ..."今年はもっと成長する"
[파이낸셜뉴스] 4月1日、昨年第4四半期の売上高は過去最高の800億ウォンを記録したと発表した。 ストリートファッションブランド「Nurddy」の爆発的な成長とともに、美容ブランド「Medicube」がその成長を牽引しました。 APRは、来年の株式公開を目指して、今年の成長を加速させる予定です。

昨年の第1四半期に、APは昨年の同時期に売上高の伸びを報告しました。 NuldinaとMedicube以外のサブブランドも成長しています。 香水・ライフスタイルブランド「フォーメント」は、3つの新フレグランスを発売し、安定したブランドを維持し、天然化粧品ブランド「エイプリルスキン」は、ポアケアや低アレルギー性で長持ちする枕などとの競争力も認められました。 特に、内面の美容/ドライフードブランドである「Glam D Bio」は、パーソナライズされた運動と習慣のソリューションを提供するサプリメントとともに、独自の「BodyRoutine」アプリケーションを立ち上げました。

APRは今年のさらなる成長を目指しています。 中国、日本、台湾を中心にアジアのストリートファッションの頂点に立つNulddyと美容機器「MedicubeAGER」が人気の滑走路に登場し、3月だけで25,000台を売り上げた。 特に、Medicube AGERは海外で人気が高まっており、日本最大のeコマースサイト「楽天」が美容機器カテゴリーで第1位にランクされています。 ナディはまた、中国最大の「Tmall」チャオパイ(ファッションブランド)カテゴリーの韓国ブランドとして、初めて1億元(約190億ウォン)の売り上げを上回った。 前年比70%増です。

また、海外への事業拡大も計画しています。 昨年はカナダとマレーシアに支店を設立し、今年後半には英国やフランスなどのヨーロッパ本土に進出する予定です。 米国に地方事務所が開設されようとしています。 これは、国内のD2Cセクターにおける最初の海外オフィス拡張です。 既存のD2C企業の海外展開は、現地のロジスティクスセンターと契約を結び、保管・配送を外部委託するサードパーティロジスティクスを通じて行われています。

一方、4月31日には定時株主総会を開催し、監査報告を含めた現状と今後の計画を発表しました。

同日、キム・ビョンフン最高経営責任者(CEO)が会長に就任し、出席した株主に株式公開のスケジュールと経営目標を伝えた。

ApRはHanaFinancialInvestmentを新しい主催者に任命し、来年公開する予定です。 キム最高経営責任者(CEO)は、「投資した海外企業は安定し、主要ブランドは世界的な成長軌道をたどったため、2021年に比べて高い売上目標(470億ウォン)を設定した。 認識される成長を加速する」。

レポーターイ・ジョンウンnvcess@fnnews.com








Toyama Jiro

「テレビオタク。情熱的な料理のスペシャリスト。旅行の専門家。ウェブの第一人者。筋金入りのゾンビ好き。謝罪のない音楽狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。