「大統領のリーダーシップの下での航空宇宙管理…」新しい宇宙生態系の作成」

  • ソウル国立大学-KAI合同学会
    チャン・ヨングン教授は「初期の原動力」を強調している
    単一の仏陀に縛られていない
    宇宙政策と宇宙戦略の必要性
    民間主導の宇宙経済の再開
    政府は法的および制度的支援を命じる
中型衛星試験場No. 次世代の韓国航空宇宙産業(KAI)宇宙センターの2つ。 [KAI 제공]

学界はまた、尹錫淑(ユン・ソクヨル)大統領が約束した航空宇宙行政の制度を強化している。 大韓民国に「新宇宙」エコシステムを構築するためには、既存の政府省庁が主導する研究開発から離れて、大韓民国大統領の下に恒久的な制度を創設する必要があると主張されてきた。

25日、ソウル国立大学国際研究所(未来戦研究センター、複合セキュリティセンター)と韓国航空宇宙産業(KAI)が共同で「国際情勢の変化、朝鮮半島の安全環境、航空宇宙産業」ソウル中区のプラザホテルで。 彼はその主題について学術的な講義をした。

同日スピーチを行った韓国航空大学校のチャン・ヨングン教授(写真)は、「一つの省庁に焦点を当てない新しい宇宙政策と新しい宇宙戦略を策定する必要がある。の恒久的な機関として確立される

「科学技術情報通信部と韓国航空宇宙研究院が主導する研究開発による宇宙の工業化は、すでに長い間限界に直面している。それは生態系の創造と開発に反する」と彼は続けた。

「ニュースペース」は、政府が民間投資で主導する伝統的な宇宙開発である「オールドスペース」とは逆の概念です。 ニュースペースのコアコンセプトは、月と地球の間の宇宙と地球の軌道における持続可能な商業化を通じて宇宙経済を活性化することです。 このように、近い将来、宇宙太陽光発電、宇宙廃棄物収集、民間宇宙ステーション、小惑星宇宙資源などの新しい宇宙活動を創出する必要があります。

しかし、世界中で新しいスペースをめぐる競争が激化する中、革新的なテクノロジーと低コストによる存続が鍵となっています。 現在、世界中に1,000以上の新しい宇宙関連のスタートアップがあり、そのうち350は米国、150は中国、250はヨーロッパ、50は日本と推定されています。 SpaceX、Amazon、OneWebなどの多くの新しい宇宙スタートアップは、宇宙インターネットを含む低軌道ブロードバンド大群衛星の開発を推進しています。 ヴァージンギャラクティックとブルーオリジンは、弾道飛行の宇宙旅行活動を開発しています。 現在、20以上のスタートアップが、商業目的で月や小惑星の探査に従事しています。

この世界的な競争の中で、チャン教授は、国内のジャーナリズム空間の生態系を創造し発展させるために「韓国宇宙機関」が必要であると強調した。 チャン教授は、尹錫淑(ユン・ソクヨル)大統領が約束した「航空宇宙行政」と同じ概念で、国営宇宙局が政府省庁の管理下になく、大統領直属の意思決定と支援を行うべきだと説明した。 これは、既存の旧宇宙技術、人的資源、国の政府資金を通じて新宇宙民間企業を適切に支援することが難しいためです。

チャン教授は、「民間主導のプロジェクトと政府投資を促進することにより、国内の宇宙商業化能力を促進する必要がある」と述べた。 全国的なニューススペースの基盤がない場合、スペースの商業化能力が検証されるまで民間投資は必然的に制限されるため、政府は投資家、顧客、ユーザーとして、法的支援と制度を通じて宇宙ビジネスを促進する必要があります。

宇宙ビジネスのアイデアの発展を支援するために、大統領組織は、宇宙製品またはサービスの開発と、若者の成長を支援するための宇宙ビジネスインキュベーションセンターと資金の設立のための最初の原動力を提供する必要があります。 チャン。

さらに、事故防止研究機関などの既存の国立研究機関は、すべての国家および公共衛星をオンデマンドで完全に転送し、車両開発プロジェクトを民間企業に開始する必要があることを強調しました。 彼は、民間企業は、新しいホームスペースの商業化の活性化をサポートするために、グローバルな技術と価格競争力を確保する必要があると付け加えました。 ジャーナリストのジュジュヒョン

アドレスh@heraldcorp.com

Toyama Jiro

「テレビオタク。情熱的な料理のスペシャリスト。旅行の専門家。ウェブの第一人者。筋金入りのゾンビ好き。謝罪のない音楽狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。