MONITORAPPがKOSDAQテクノロジースペシャルリストテクノロジーアセスメント監査に合格











イ・グァンスCEO「できるだけ早く予備審査依頼を提出します」

[파이낸셜뉴스] B2B SaaSを専門とするMONITORAPPは、KOSDAQに上場するための技術評価に合格したことを10日発表しました。

MONITORAPPは、技術の優位性、競争上の優位性、人材レベル、技術製品の成長の可能性に関して優れた評価を受け、それぞれが韓国取引所によって指定された2つの専門技術評価機関であるNice Evaluation InformationandIncredibleからA評価を獲得しました。 MONITORAPPは、近い将来、コスダックに上場するための予備審査依頼を提出し、特別な技術で上場を進める予定です。

2005年に設立されたMONITORAPPは、プロキシテクノロジーに基づくWebファイアウォールと安全なWebゲートウェイの分野で国内をリードする企業としての地位を確立しています。 2016年には、韓国で初めてSASE(Security Access Service Edge)をベースにしたSECaaS(Security as a Service)プラットフォームを開発しました。

また、日米の支店を通じてグローバルビジネスを積極的に展開しています。 最近では、KDB開発銀行、アンラボ、KDBキャピタルから110億ウォンのIPO前投資を集めることができました。

MONITORAPPのCEOであるKwang-hooLee氏は、「KOSDAQ上場プロセスを推進しながら、新しいグローバルエッジノードを立ち上げ、CDNサービスを保護することで、グローバル機能を拡大しています」と述べています。 グローバル市場のセキュリティセクター」。

spring@fnnews.comレポーターLeeBo-mi








Toyama Jiro

「テレビオタク。情熱的な料理のスペシャリスト。旅行の専門家。ウェブの第一人者。筋金入りのゾンビ好き。謝罪のない音楽狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。